三泰虎

日本人的印度旅行:瓦拉纳西(2)

日本人的印度旅行:瓦拉纳西(2)。印度旅行的第2天。早上7点起床,就去吃旅馆的自助早点。有谷物和牛奶、酸奶,乳制品。虽然新鲜果汁、水果都想吃,但忍住忍住。前一天明明就吃了,怎么还饿着就拿了很多。左边碟子全部是咖喱,右边一部分是咖喱。在日本时绝对无意在早上吃咖喱,在印度就随便,不可思议。8点半结账离开旅馆,坐车到机场,一路飞往瓦拉纳西。从新德里到瓦拉纳西,飞机要飞一小时。下午抵达瓦拉纳西。

译者:不知悔過的劍
来源:三泰虎论坛 http://bbs.santaihu.com/thread-7249-1-1.html
外文:http://mizuochacha.hatenablog.jp/entries/2013/05/23


インド旅行2日目。

朝7時に起床しホテルの朝食バイキングへ。

印度旅行的第2天。

早上7点起床,就去吃旅馆的自助早点。

013233ipb2a2hpvb


シリアルや牛乳、ヨーグルトもありましたが乳製品も怖いのでパス…

有谷物和牛奶、酸奶,乳制品好恐怖跳过...

013233ipb2a2hpvb (1)


フレッシュジュースもフルーツもとてつもなく食べたいけど我慢我慢…

虽然新鲜果汁、水果都想吃,但忍住忍住...

013233ipb2a2hpvb (2)


 

前日あれだけ食べたのに何故かお腹がすいていたのでたくさん取ってしまいました。左の皿は全部カレー味、右は一部カレー味。日本にいる時は絶対朝からカレー食べる気にならないのにインドなら余裕です。不思議。

前一天明明就吃了,怎么还饿着就拿了很多。左边碟子全部是咖喱,右边一部分是咖喱。在日本时绝对无意在早上吃咖喱,在印度就随便,不可思议。

8時半にチェックアウトして、車で空港まで行き、国内線で一路ヴァラナシへ。
ニューデリーからヴァラナシまでは飛行機で1時間ほどでした。

8点半结账离开旅馆,坐车到机场,一路飞往瓦拉纳西。

从新德里到瓦拉纳西,飞机要飞一小时。

昼過ぎにヴァラナシ到着。

下午抵达瓦拉纳西。

013233ipb2a2hpvb (3)


おお、なんかインドっぽい町並みになってきたぞ

哦,街景很印度风呢。

市内観光の前に先にホテルにチェックイン。

在市区观光前,先去旅馆登记。

013233ipb2a2hpvb (4)


1日目のホテルより広かった。

比第1天的旅馆还大。

013233ipb2a2hpvb (5)

013233ipb2a2hpvb (6)


013233ipb2a2hpvb (7)


荷物を置いたらホテル内のレストランで昼食(カレーとビール)を。

放下行李在旅馆内的餐厅吃午餐。

013233ipb2a2hpvb (8)


鶏肉の餡かけみたいなのは辛くなくて優しい味でした。右側の豆腐に見えるものはチーズですが、食感や味は豆腐に近い淡白なものでした。

鸡肉馅吃起来不辣,味道适口。看上去右边的豆腐却是起司,口感和味道,吃起来接近豆腐,很清爽。

たらふく食べてちょっと休憩してからいよいよ観光スタート!(^ω^)

刚吃完休息一下下,开始观光了!

お次はヴァラナシ郊外にある、仏教の4大聖地の1つ、サルナートへ。これは事前に調べてたから覚えてます(キリッ

接下来是瓦拉纳西郊外,佛教4大圣地之一,鹿野苑。还记得这我之前有科普过。

013233ipb2a2hpvb (9)


013233ipb2a2hpvb (10)


013233ipb2a2hpvb (11)


013233ipb2a2hpvb (12)


013233ipb2a2hpvb (13)


サルナート内のムルガンダ・クティー寺院。

鹿野苑里面的摩犍陀俱提寺。

(中日英对照:中文 - 摩犍陀俱提寺;日语 - ムルガンダ・クティー寺院;英语 - Mulagandha Kuti Vihar)

013233ipb2a2hpvb (14)


本堂。靴を脱いで入ります。お坊さんが4人、ひたすらお経を唱えています。

正殿。要脱鞋进去。和尚有4人,专注的在诵经。

013233ipb2a2hpvb (15)


013233ipb2a2hpvb (16)


なんとこの壁画、野生司香雪という日本人画家が5年かけて描いたものらしいです。

这幅壁画,好像是日本画家野生司香雪用5年画出来的。

013233ipb2a2hpvb (17)


インドは養蚕活動が盛んで、中でもヴァラナシシルクは質が高いことで有名です。

印度盛行养蚕活动,其中瓦拉纳西的蚕丝因为质量高很有名。

途中から車を降り、徒歩でガンジス川まで向かいます。

我们在中途下车,徒步走到恒河。

013233ipb2a2hpvb (18)


初ヴァラナシ散策。車の窓から見ていた景色と全然違います。人も車もオートリクシャー(三輪タクシー)も牛も全てごちゃまぜに、すごいスピードで行き交っていきます。

第一次在瓦拉纳西散步。这跟从车窗看到的景色完全不同,人跟车、自动人力车(嘟嘟车)、牛全部混杂其中,用惊人的速度在来来往往。

013233ipb2a2hpvb (19)


車が行き交うすぐそばで牛がのんびりと餌を食べています。これが当たり前の光景でした。ガイドさんがグングン進んで立ち止まることができないので写真ブレブレです。

车辆在往来的同时,旁边有牛在悠闲地吃东西,这个是自然的景象。导游使劲地往前走,因为不能停下来,照片晃到。

インドはニューデリーなどを除いて基本的に信号は無いので、車がビュンビュン走っている道路を空気を読んで横断するしかない(しかも牛はのんびり歩いていて車は牛達を上手いことよけながら進むので変則的です)ので、何度も命の危機を感じました。

印度除了新德里以外,基本来说没有交通信号灯,只能在车子咻咻跑的马路上,观察周遭气息穿过去(而且牛都自在的走,车子会一边很好避开牛群一边前进,不合理。)。好几次感到生命的危险。

013233ipb2a2hpvb (20)


日が落ちた19時頃、僧侶が祈りを唱え始めます。おじいちゃん僧侶が来るかと思いきや20代ほどの若い方たちでした。

夜幕低垂的7点,僧侣开始念经祈祷。我在想老僧侣会不会来,都是20岁程度的年轻小伙子。

火が灯された結構な大きさを燭台を掲げ祈りを捧げるイケメン僧侶たち。伝統楽器による生演奏の効果もありとても幻想的な雰囲気に包まれます。

帅哥僧侣点燃大的漂亮的烛台祈祷。由传统乐器的纯粹演奏也很有效果,被幻想的气氛包围。

儀式を30分程見てから車が停めてある場所までまた徒歩で移動。サバイバルをくぐり抜けて無事乗車し、ホテルに戻って夕食(カレーとビール)。キングフィッシャーとカレーは本当相性抜群。抜群すぎて食べ過ぎて早くもカレーに飽き始めていました…

仪式看了30分钟,再移动到车子停好的地方。穿过惊险(过马路),相安无事的搭车,回到旅馆有晚餐(咖喱和啤酒),翠鸟牌啤酒跟咖喱真的是情投意合。太棒了,吃的很多,我早就开始对咖喱腻了...

此文由 三泰虎 编辑,未经允许不得转载!:首页 > 日本 » 日本人的印度旅行:瓦拉纳西(2)

()
分享到:
无觅关联推荐,快速提升流量

相关推荐