从这里了解印度人对中国的看法

日本欲入常 还需打破“中国之壁”

2014-10-05 11:46 41个评论 字号:

安倍于25日在联合国一般性争论会议上,再次表示日本想要加入安理会的常任理事国。安倍提倡,应进行将如今仍被联合国宪章列为敌国的日本和德国也作为常任理事国为和平贡献力量的“联合国改革”。崭新的联合国将更加「适应21世纪的现实需要」。从会议举行地、联合国总部的所在地美国纽约的主要报纸《纽约时报》,到各国的媒体均报道了安倍的演说。但它们均认为,日本的入常努力或终将因中国的强硬反对而失败。联合国是以1945 年二战结束时的同盟国为中心发展而来。安理会的常任理事国是作为主要战胜国的美国、英国、法国、俄罗斯和中国五国,除此之外还有2年任期的10个非常任理 事国。这是在联合国成立70周年以来未曾改变过的。

译者:Sense7
来源:http://www.ltaaa.com/wtfy/14506.html
外文:http://blogos.com/article/95345/

W020141003670851642842

安倍首相、常任理事国入りに意欲 “中国が最大の壁”と海外メディアは悲観的

日本欲入常 还需打破“中国之壁”

安倍首相は25日、国連総会で一般討論演説を行い、改めて日本の安全保障理事会の常任理事国入りに意欲を示した。首相は、今だ国連憲章の敵国条項の対象になっている日本やドイツが常任理事国として平和に貢献する「国連改革」を提唱。その新しい国連を「21世紀の現実に合った姿」と表現した。

安倍于25日在联合国一般性争论会议上,再次表示日本想要加入安理会的常任理事国。安倍提倡,应进行将如今仍被联合国宪章列为敌国的日本和德国也作为常任理事国为和平贡献力量的“联合国改革”。崭新的联合国将更加「适应21世纪的现实需要」。

演説が行われた国連本部がある米・ニューヨークの主要紙、ニューヨーク・タイムズ(NYT)をはじめ、各国のメディアも安倍首相の演説を報じた。しかし、日本の常任理事国入りついては、中国が強硬に反対するため無理だろうと、いずれも懐疑的だ。

从会议举行地、联合国总部的所在地美国纽约的主要报纸《纽约时报》,到各国的媒体均报道了安倍的演说。但它们均认为,日本的入常努力或终将因中国的强硬反对而失败。

144612_498

【首相「国連を21世紀の現実に合った姿に」】

【安倍「为了使联合国更加符合21世纪的形势」】

国連は、1945年の第2次世界大戦終結直後に当時の連合国を中心に発足した。安全保障理事会の常任理事国は主要な戦勝国であるアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国の5ヶ国だ。これに任期2年の非常任理事国10ヶ国を加えた15ヶ国が安保理を構成する。これは来年70周年を迎える国連の歴史で不変だが、21世紀に入り、かつて枢軸国側だった日本とドイツに、ブラジル、インドを加えた4ヶ国が常任理事国入りを目指し、「G4諸国」として歩調を合わせている。

联合国是以1945年二战结束时的同盟国为中心发展而来。安理会的常任理事国是作为主要战胜国的美国、英国、法国、俄罗斯和中国五国,除此之外还有2年任期的10个非常任理事国。这是在联合国成立70周年以来未曾改变过的。但进入二十一世纪,曾经的轴心国日本和德国,再加上巴西、印度,正作为“四国集团(G4)”共同为入常而努力。

安倍首相は、こうした背景を前提に「国連を21世紀の現実に合った姿に改革し、その中で日本は常任理事国となり、それにふさわしい役割を果たしていきたい」などと述べた。また、NYTなどによれば、G4諸国の外相会合が同日開かれ、共に常任理事国入りを目指すことを再確認したとする共同声明を発表した。

安倍在这样的背景下提出「希望能够对联合国进行改革,以使联合国更加符合21世纪的形势,其中日本成为常任理事国,并发挥其应有的作用」。此外,根据《纽约时报》等的消息,G4各国外相会谈也在同日召开,发表共同声明称再次确认将一道为入常而努力。

台湾の中国時報英語版は、アメリカの中国系ニュースサイトに掲載された首相の心情を代弁したコメントを紹介している。この「首相に近い人物」によると、「安倍首相が常任理事国入りに強い意欲を示しているのは、国連憲章が今だに日本やドイツを敵国として扱っていることに不満を抱いているからだ。それ故に、『21世紀の現実の姿に合った』という表現で改革を訴えた」のだという。

台湾的中国时报英语版介绍了美国的中国系新闻站登载的能代表安倍心情的言论。这位「安倍身边的人」表示,「安倍首相之所以展现了强烈的想要入常的意愿,是由于对联合国宪章至今仍将日本和德国作为敌国来对待表示不满。因此,谋求改革以『为了使联合国更加符合21世纪的形势』」。

0007e9d5872806670b1f03

【中国の反対一つで常任理事国入りは不可能】

【只要中国反对,入常便不可能】

日本が常任理事国となるためには、現在の常任理事国5ヶ国全ての賛成と、国連総会の3分の2の承認が必要だ。ただでさえ高いハードルだが、各国メディアは「中国は尖閣や歴史認識問題で今も日本に対する敵対的なスタンスを崩していない」(中国時報)、「アジア唯一の常任理事国である中国は、第2次世界大戦終結時のパワーバランスに基づいた常任理事国に日本が加わることに反対している」(AFP)などと、現状では中国が強く反対するのは確実だと論じている。

日本欲入常,需经过现任5个常任理事国全票赞成,以及联合国大会的三分之二通过。除本来就已困难的形势之外,各国媒体普遍认为「中国因钓鱼岛及历史问题至今仍站在与日本队里的立场上」(中国时报)、「中国作为亚洲唯一的常任理事国,基于力量平衡会反对日本入常」(法新社),基于现状中国应确实会持强烈反对的态度。

シンガポールの英語放送局『Channel News Asia』も、中国1国の反対だけで日本の常任理事国入りは暗礁に乗り上げると指摘する。また、安倍首相は支持を取り付けるため、会期中にアフリカ諸国などとの会合を開く予定だとしているが、イスラム原理主義勢力のテロの問題やエボラ出血熱の流行など他に課題が山積している中で、「各国に安保理改革の話をする余裕があるかは疑問だ」とする専門家の意見を紹介している。

新加坡英语放送局『Channel News Asia』也指出,仅中国1国的反对便会使日本的入常打算撞上暗礁。而且,安倍为了取得支持,计划在会议期间与非洲各国举行会谈,但ysl原教旨主义势力的恐怖活动及埃博拉病毒的肆虐等其他问题正堆积如山。有专家称「各国没有闲暇去讨论安保理事会的改革」。

日本は2016-17年の非常任理事国にも立候補している。中国時報はこちらの可能性は十分にあると記す。同メディアは、日本がライバルのバングラデシュに6000億円の支援を提示し、レースから脱落させたという中国系ニュースサイトの報道を引用している。

日本现在正作为2016-17年的非常任理事国的候补。中国时报认为其当选的可能性相当大。该媒体同时也引用了中国系新闻网站的报道,之前与日本是对手关系的孟加拉国因日本的6000亿日元的援助而退出了非常任理事国的竞选。

分页: 1 2

友荐云推荐
  1. 转载一篇冷哲大侠关于“日本谋求扩大常任理事国席位能成功吗?”这个问题的回答,原文如下:目前来说没有任何可能性。第一,五大国地位是用来平衡大国利益的。只有保证五大国各自的基本利益不受到联合国侵犯,才能保证五大国尊重联合国。日本的问题首先就在于,联合国无需保证其利益不受任何决议的侵犯。日本本身对国际政治的影响力不高,而且很容易被美国压服。因此,给予日本常任理事国地位,是没有必要的。第二,在一个组织里,越多的人有一票否决权,这个组织能做的事情就越少。这个道理很容易理解。现在五大国的一票否决权已经受到非常任理事国的诟病了。一百多个非常任理事国天然地就站在了反对扩大常任理事国席位的一边。如果本来是半对半,日本只要收买到少数国家即可。但现在,日本必须收买到至少超过半数的国家。这是极度困难的。第三,常任理事国本身也不会希望增多几个制约自己在联合国影响力的国家。虽然美国政府有时候说支持,但那恐怕是看到了扩大常任理事国席位毫无可能时说出来的场面话。因此,日本的常任理事国席位,恐怕近期是拿不到的。当然,我们不能排除这样一种可能,即未来美国将不得不退出东亚的时候,会尝试扶持日本来制衡中国。这手段就包括让日本拥有核武器,以及让日本成为常任理事国。具体那个时候又会有什么发展,现在并不好说。不过我觉得那时日本恐怕也很难拿到。

    • 那么多话都多于。。。一句话。。。以美帝和毛熊的霸气。。。怎么可能让一个战败小国和他们平起平坐呢。。。简直就是笑话。。。除非美帝和毛熊。。。嗯噷。。。是吧。。。

  2. 三哥你吗big talk,这种国家要是入常,那安理会的价值会急剧缩水,想必5家都不会答应的,也就是开开空头支票逗你玩而已。日本历史问题迈不过去,很难让周边乃至世界国家信服,再说他外交不独立,还不如印度了,你入常不是给西方添砝码去的?你当中俄是傻子?至于德国,那国家入常,往后还有法国的分吗?那他在欧盟里的权重不更加上升,到时候一呼百应,恐怕英国法国都奈何他不得?而且他现时军事被占领,想入场也行,要求他必须是大国,即军事政治外交独立。你放心美国一辈子不会让他做到的。至于巴西,那国家竞争对手不多,同理自己的自身实力也有限,即便你入常,也很怀疑你是否能独立完成联合国维稳的作业?巴西军队的战斗力如何,谁看到过?她好像买了一堆欧洲装备,就这么以国家,我就是让你海外派兵,你能独立遂行作战任务吗?野心不小实力有限,还是先在金砖国家里韬光养晦比较好一些,给你你也达不到。

  3. 大家都想入常,但入常是有条件滴,不是谁想入就能入滴,历史清不清楚,会费缴纳是否及时,国际事务是否有担当,日本你应该照照镜子,印度你应该掂量一下自已的份量——-。